ページの先頭です。

文字サイズ変更

ここはグローバルナビエリアです。
コンテンツエリア(本文)はここからです。

製品販売Products

セキュリティ

Smartセーフティボックス

概要

  1. 鍵やUSBメモリなどの重要物品を効率的に管理。
    RFIDタグを利用することにより、持出・返却の状況と履歴を自動で管理・記録できます。
  2. セキュリティ強化に最適。
    ICカード個人認証により、ボックスの開閉権限を設定できます。
  3. 報告書作成などの稼働を軽減。
    ボックス内の管理対象物品の持出・返却状態をサーバーで管理することで、様々な履歴情報素早く確認・出力できます。

特徴

安全・確実・高信頼の物品管理

鍵やUSBメモリなど管理対象の物品にRFIDタグを添付し、RFIDリーダーとループアンテナを搭載したボックスに格納することで、持出・返却の履歴情報を自動的かつ一元的に管理できます。
またICカードを用いた個人認証機能により、ボックスの開閉権限を設定し、いつ・誰が・どの物品を持ち出したかをリアルタイムで把握できます。鍵管理ボックスやUSBメモリ管理ボックスとして最適です。

スタンドアローンもネットワークも運用可能

事前に利用者と、鍵やUSBメモリなどの管理対象物品の情報をボックス側に登録することで、鍵管理ボックスやUSBメモリ管理ボックスなどとしてスタンドアローンでの運用が可能です。また、付属の管理ソフトにより複数のボックスをLANで接続して一元的に管理したり、カスタマイズにより広域的な鍵管理システム、USBメモリ管理システム等を構築することも可能です。小規模から大規模まで、柔軟なスケーラビリティーを有しています。

ISMSの確実な実施をサポート

鍵やUSBメモリなど管理対象物品の持出・返却状況をサーバーで管理し、履歴情報の蓄積・閲覧・出力が可能です。鍵管理システムやUSBメモリ管理システムを容易に構築できます。

簡単導入

お手持ちのパソコンに付属の管理ソフトをインストールするだけで、鍵管理ボックス等として、その日から運用が可能です。ボックス(約15kg)は壁面取付型、自立型、卓上設置型から選べます。
※ 15kgは収納物品数50個のタイプです。

使用者のメリット
  • 貸出簿への記入が不要
  • ICカードをかざすだけの簡単操作
  • 返却確認作業を大幅に削減
管理者のメリット
  • セキュリティ強化
  • 自動管理・記録・追跡
  • 報告書自動作成

製品仕様

収納物品数: 50
外形寸法: W550×H640×D80(mm)
重量: 約15kg
使用可能ICカード: Mifare*1、FeliCa*2、eLWISE*3
  • *1: Mifareは、NXPセミコンダクターズ社の登録商標です。
  • *2: FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
  • *3: eLWISEは、NTTコミュニケーショズ株式会社の登録商標です。

導入事例

大手シンクタンク様では、USBメモリをリアルタイムに監視するために導入

⇒「管理状況を確認しつつ使用したい」等といったニーズにお応えできます。

管理状況確認モニタがついているSmartセーフティボックスの写真

鍵やUSBメモリなどの持ち出し状況をその場でリアルタイムに確認できます。

大手不動産会社様では、全国にある営業拠点で保持している鍵を、本社で一元管理するために導入

⇒「各拠点に点在する多量の鍵を一元管理したい」等といったニーズにお応えできます。

日本全国に点在する営業拠点の鍵を本社で一元管理する場合の解説図

サーバー・クライアント構成によりネットワーク上にあるSmartサーフティボックスを一元管理します。

ある自治体では、サイクルシェアリングの貸出システムとして導入

⇒「拠点間で鍵を共有したい」等といったニーズにお応えできます。

2つの拠点で自転車の鍵を共有管理する場合の解説図

行き来する鍵を2ヶ所で共有管理します。

価格

こちらの製品の価格については、お問い合わせください。